【松尾慈子】「不妊治療、やめました。」(ぶんか社)を以前に紹介した、堀田あきお&かよ夫妻のエッセー漫画の新作である。子どものない人生への覚悟を決めた2人に、今度は親の介護という難題がふりかかる。夫妻とも1960年前後の生まれ。70年生まれの私とは一回り違いで、「ああ、私もあと10年もすればきっと……」と身につまされる本作であった。上下巻だが、作者の母親への深い愛情と遠距離介護の切なさが胸にせまり、一気に読まされてしまう。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます