ロボットが苦手だった「力加減」を、人間と同じように制御できる技術を慶応義塾大理工学部システムデザイン工学科の野崎貴裕助教(29)らのグループが開発、発表した。義手やロボットアームなど様々な形に応用が可能で、すでに製品化の計画も進んでいるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます