世界遺産・東寺(京都市南区)の灌頂(かんじょう)院(いん、国重要文化財)で26日、夜叉神立(やしゃじんりゅう)像(平安時代)が報道陣に公開された。暗闇に浮かぶ異形の像には、京都いけばな協会所属の10流派の家元らによる花も供えられ、厳かな雰囲気に包まれた。28日からの「京都非公開文化財特別公開」で公開される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます