障害者との出会いを通して、東大生が内面に生じた変化を赤裸々につづった1冊の本が静かな反響を呼んでいます。「障害者のリアルに迫りたい」。そんな思いで障害者らの「生」と向き合い、悩み、もがき、自身を見つめた先に見いだしたものとは――。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます