ひじより上の上腕部分に欠損が及んだ人でも、残った腕に筋電義手を動かす役割を担わせる技術の研究開発を、東海大医学部と横浜国立大の有志メンバーが合同で進めている。通常は手先を動かす筋肉がある前腕を失うと、義手を動かすための筋電を取るのが難しいが、「神経移行」という手術で可能性がひらけてきた。欠損当事者の期待も膨らむ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます