混乱が続く南スーダンを視察した国連人権専門家調査団のメンバーは11月30日、首都ジュバで報道陣の取材に応じ、政府軍と反政府勢力の双方が子どもを含めた民間人らを戦闘員として強制的に動員し、「次の戦闘の準備をしている」と指摘。「民族間の緊張と暴力が、全土で前例のないレベルに達している」と警告した。地元メディアが伝えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます