安倍晋三首相は27日(日本時間28日)の演説で、真珠湾攻撃の際に米軍施設に突入して亡くなった零戦パイロットについて触れた。攻撃を受けた側の米軍が勇気をたたえて遺体を埋葬し、記念碑を建てたことを、米国民の「寛容の心」を示す象徴的なエピソードとして紹介した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます