高知県四万十市の四万十川河口で、冬の風物詩シラスウナギ漁が本格化している。日没とともに徐々に漁船が繰り出し、満潮時刻の深夜に近づくと、真っ暗な水面に緑、黄、青などの集魚灯が幻想的に浮かび上がった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます