八甲田山ろくにある青森市農業振興センター(旧畜産振興センター)で続けられてきた和牛「八甲田牛」の繁殖について、青森市は4月から、センターの施設を使って民間委託する方針を決めた。八甲田牛は赤身主体の肉質が好評な半面、センターの老朽化が問題となっていた。外部化し、八甲田牛を育てている市内の畜産農家に子牛を供給することを目指すという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます