本物のムカデのように動き回るロボットを大阪大などのチームが開発し、4日公開した。全長1・3メートル、重さ約1・7キロ。内蔵するモーターで32本の脚を動かし、木の枝や石も軽々と乗り越える。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます