絶滅の恐れがあるとされる太平洋クロマグロ(本マグロ)の幼魚(重さ30キロ未満)の日本での漁獲量が、国が2015年に設けた年間の上限4007トンの枠を突破する見通しだ。欧米が、より強い規制を求める可能性がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます