ナガサキ、ヤクシマ、リュウキュウ……。名前に九州や沖縄の地名がついた南国の生き物が、分布域を北に広げている。気候変動による気温上昇などの影響とみられる分布域の北上の実態が、きめ細かな調査記録から分かってきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます