2歳で別れた娘の写真を繰り返し見つめては、記憶をなぞり、思いを寄せた。親権という高い壁に、再会を阻まれ続けた父親。娘は9歳で命を絶たれ、その成長の足跡に触れられたのは、不慮の死から約1年が経ってからだった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます