梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で東海地方では12日、激しい雨が降った。13日午前0時半現在、名古屋市内では4棟で床上浸水が発生、26カ所で道路が冠水した。東区の大曽根駅そばでは冠水したアンダーパス(立体交差で地下を通る道路)にタクシーが水没したが、名古屋市消防局によると、けが人はいなかったという。

無断転載・複製を禁じます