神奈川県警と横浜税関などは26日、横浜市中区の横浜港で陸揚げされたコンテナから覚醒剤約350キロ(末端価格約224億円)を発見し、押収したと発表した。一度の押収量としては全国で過去4番目の多さだという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます