福山市出身で近代を代表する建築家の一人、藤井厚二(1888~1938)が設計したサンルームが残る福山市鞆町の元別荘に23日、藤井の次女が約80年ぶりに訪ねた。元別荘は長く廃屋状態だったが、4年前に山荘として再生。次女は「ここから眺める瀬戸内海の景色は本当に懐かしい」と感嘆していた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます