北朝鮮が北海道上空を通過する弾道ミサイルを29日に発射したことを受けて、安倍晋三首相は30日深夜、トランプ米大統領と異例の2日連続となる電話協議を行った。協議は約30分間。両首脳は、国連安全保障理事会での対北朝鮮追加制裁決議に石油禁輸措置を盛り込むよう提案する方針で一致した。日米の防衛・外相も31日朝、電話で協議した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます