京都の岡崎公園を縁取るようにゆったりと流れる琵琶湖疏水(そすい)。中ほどで分岐して南へ流れる白川に沿う小径(こみち)を下り、桜並木の中に一文字を描くように架かる橋を渡ると、正面を塀で囲まれた竹中庵(ちくちゅうあん)という住宅が現れる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます