妊婦の血液から胎児の染色体を調べる「新型出生前診断」が、国内で開始されてから4年が経ちました。母体への負担が少なく、精度の高い検査であることから普及しつつあります。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます