全国の公立小中高で、20代の教員の割合が増えていることが14日、文部科学省が発表した「学校教員統計調査」の中間報告でわかった。ベテラン教員の大量退職に伴って世代交代が進んでおり、特に首都圏などの小学校では20代の教員が2割以上になっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます