医療技術の進歩で、臓器移植後も長い人生を期待できるようになった。日本心臓移植研究会によると、心臓移植から10年後の生存率は90・5%(2016年末時点)。心臓移植は1997年の臓器移植法施行で可能となったため、対象者は少ないが、15年後も84・7%という好成績だ。腎臓や肝臓でも高い水準を維持してい…

無断転載・複製を禁じます