「ちょっと痛いですね、体を動かしますね」。9月下旬の午後3時過ぎ、東京都墨田区の民家。介護ベッドに横たわる田中ハル子さん(94)にヘルパーの女性(51)が手をあて、姿勢を変える。隣室で見守る長女の佐藤英子さん(68)は「母の表情も病院にいたときより明るくなりました」。しばらくして「あとはお願いしま…

無断転載・複製を禁じます