10日に公示される衆院選を前に、希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は6日、朝日新聞のインタビューに応じた。衆院選に立候補せず、党の「首相候補」も選挙中に示さない考えを明かした。憲法観や衆院選後の見通しも語った。主なやり取りは次の通り。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます