取手市立障害者福祉センター「つつじ園」で、知的障害者らが古新聞を使った新聞薪(まき)を作製し、商品化した。新聞紙を細かく切る際の大きさや、成型作業での水の搾り加減などの均一化に、2年がかりでこぎつけた。園では「防災用品として活用してほしい」と呼びかけている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます