米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に向け、政府は6日、埋め立て予定海域の南側2カ所で新たな護岸工事を始めた。来秋の知事選前の土砂投入をめざして工事を進める。翁長雄志(おながたけし)知事は「政府はなりふり構わず工事の既成事実を作ろうと躍起になっている」と猛反発している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます