児童生徒が減っている大津市の市立葛川小・中学校が来年4月から、市内のどこからでも通学できる「小規模特認校制度」を導入する。市内の公立小中学校では初めてで、県内でも珍しい。学校の維持だけを目的とせず、個々に応じた細かな指導や、自然を生かした活動など特色を打ち出す。学校統合によらない小規模学校の在り方は注目だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます