メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

(逆風満帆)優等生を演じた子ども時代

写真:「真実なんてどうでもいい。美しいウソに興味がある」と語った=東京・汐留、郭允撮影拡大「真実なんてどうでもいい。美しいウソに興味がある」と語った=東京・汐留、郭允撮影

■女装家 ミッツ・マングローブ(上)

 「男の顔は履歴書である」。巧みに世相をとらえ、「一億総白痴化」「駅弁大学」などの造語を生み出した昭和のジャーナリスト、大宅壮一はそんな言葉を残した。それから時は流れ、社会も男女のあり方も大きく変わっている。もし、大宅が生きていたら、はたしてこの人の顔をどう評しただろう。

 初めての取材。ミッツ・マングローブ(37)が待ち合わせに指定したのは夜の東京・新宿、三越伊勢丹前だった。ここは子どもの頃、家族でよく買い物に来た思い出の場所だという。すっぴんで現れたミッツはパーカにスニーカーのラフな姿。長い髪を下ろし、黒縁メガネをかけていた。182センチの身長は雑踏の中でも目立ったが、それがミッツだと気づいてふり返る人はいない。「遅くなったから、近くにイタリアンの店を予約しておいたわ」。そういうと、ささっと自らタクシーを拾いに路上に出た。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

※有料記事の一部を自動で取り出して紹介しています。
PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ

  • ショッピング寒い日は外出先から暖房ON

    スマホでヒーターを遠隔操作

  • ブック・アサヒ・コム名作絵本をプロデュース

    ぐりぐらもどろんこハリーも

  • 【&M】ホテルのような高級な室内

    キャンピングカーで行こう!

  • 【&w】プラダ、グッチなど新ルック

    15年春夏ミラノコレクション

  • Astand異様な日本のノーベル賞報道

    時代遅れの報道の罪とは

  • 写真

    ハフポスト日本版 神風特攻隊

    初めての出撃から70年

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報