メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

みちのものがたり

最新号 2019年8月3日

  • 金子文子が働き、朴烈と会った「岩崎おでんや」は有楽町にあった。有楽町駅近くのJRガード下は今も懐かしい空気が漂う=東京都千代田区

    金子文子のみち 東京都 クールに「私自身を生きる」有料記事

     東京・有楽町のJRガード下。赤ちょうちんが揺れる酒場は赤ら顔の勤め帰りの人たちでにぎわっていた。約100年前、金子文子(1903ごろ~26)が女給をしていた「岩崎おでんや」があったのは、このあたりだ。  文子はここで働いていたとき、朝鮮…

バックナンバー

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ