メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

それぞれの最終楽章

どんな人にも、人生の終わりを奏でる「最終楽章」がめぐってきます。親の終末期に寄り添う方も多いでしょう。最期までどう生きるべきか、心身の老いや介護、看取(みと)りを見据え、どのような準備が必要か――。専門家たちが具体的な事例を交えて語ります。専門家1人につき数週間ずつのリレー方式で進めます。

写真・図版

(それぞれの最終楽章)訪問看護師とともに:2 「最期の場所」自分で選んだ父(2019/6/15)有料記事

 今回紹介する方は、最期まで自分らしい生き方を貫いた男性Fさん(享年80)です。肺がんで大学病院に通院していたのですが、それ以上の治療は難しく、2016年6月から訪問看護をさせて頂きました。 奥さんは…[続きを読む]

PR情報

Reライフ

PR注目情報

注目コンテンツ