BOOK asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
BOOK 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  読書面から  私の好奇心  ニュースの本棚  作家に聞こう  どくしょ応援団  出版ニュース 
     
 home > book > 出版ニュース   
 
村上春樹氏の「アンダーグラウンド」、独地下鉄で上演へ

”劇場”となるベルリンの地下鉄駅
”劇場”となるベルリンの地下鉄駅=渡辺和子さん撮影

 地下鉄サリン事件の被害者に取材した村上春樹さんのノンフィクション「アンダーグラウンド」を、ドイツ在住の日本人演出家が舞台化し、6月にベルリンの地下鉄構内で上演する。建設工事が中断したままになっている「国会議事堂前」駅のホームを使って、臨場感あふれる舞台を目指すという。

 村上さんの「アンダーグラウンド」は、地下鉄サリン事件の被害者五十数人から聞き書きをして話題になった97年のベストセラー。これに、オウム真理教の信者らに取材した「約束された場所で」(98年)を加え、ドイツ語訳を基に脚色する。

 構成・演出は、ベルリンを中心に活躍している演出家・舞台美術家の渡辺和子さん(63)。村上さんが「アンダーグラウンド」を地下鉄という意味だけでなく、地下の闇の世界ととらえている点に注目し、「都市の地下と意識の地下を重ねて、劇的な空間にアレンジしたい」と上演に挑んだ。

 作品は地下鉄駅の構造を生かし、路面、ホーム、2階通路の3層で展開する。パフォーマンスや証言のコラージュ、朗読などを組み合わせて事件の状況を表現。ホームの両壁に設けたスクリーンに電車を映し出すなど、イメージ喚起力の強い演出を構想している。

 渡辺さんは「事件の背景にある、若者の孤独感や社会的居場所のなさは、ドイツ社会とも共通する。このドラマにどう反応するか興味深い」と話す。

 市主催の「イン・トランジット」フェスティバルのハイライト企画として、6月5日から8回の公演が予定されている。

(04/03)


 関連情報  



 出版ニュース  





| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission