BOOK asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
BOOK 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  読書面から  私の好奇心  ニュースの本棚  作家に聞こう  どくしょ応援団  出版ニュース 
     
 home > book > 出版ニュース   
 
作家の鷺沢萠さんが死去

鷺沢萠さん
鷺沢萠さん

 18歳で文学界新人賞を最年少受賞した作家の鷺沢萠(さぎさわ・めぐむ、本名・松尾めぐみ)さんが、東京都目黒区の自宅で死去した。35歳だった。関係者の話によると、自宅で倒れているのを、訪れた知人が12日夜に発見した。死亡時刻は11日未明、心不全のためとみられる。葬儀は近親者のみで行う。自宅は公表していない。

 東京都生まれ。上智大学外国語学部1年在学中の87年、壊れた家族を描く「川べりの道」で文学界新人賞を受けてデビュー。89年の「少年たちの終わらない夜」はベストセラーになり、「帰れぬ人びと」が芥川賞候補になった。以後、現代の家族像を探る「葉桜の日」、在日韓国人青年のこだわりを明るく描いた「ほんとうの夏」など、計4回芥川賞候補に挙がった。

 92年の「駆ける少年」で泉鏡花文学賞を受賞。同書の執筆過程で祖母が朝鮮半島出身であることを知り、93年には韓国の延世(ヨンセ)大学校付属語学研究院で韓国語を学んだ。

 02年に自伝的小説「私の話」を発表。近著「ウェルカム・ホーム!」(新潮社)を3月下旬に刊行したばかりで、自身のプロデュースにより舞台化し、6月に上演する予定だった。 (04/15)


 関連情報  



 出版ニュース  





| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission