BOOK asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
BOOK 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  読書面から  私の好奇心  ニュースの本棚  作家に聞こう  どくしょ応援団  出版ニュース 
     
 home > book > 出版ニュース   
 
ゲットー悲劇、67人一度も会わずネットで共同邦訳

 「ワルシャワ・ゲットーの悲劇を多くの日本人に知って欲しい」。ナチス・ドイツの迫害から奇跡的に生還したポーランド人の証言を、エスペラント愛好者67人が共同で邦訳し、ホームページで公開した。270ページに及ぶ本を、ネットを利用して互いに一度も会うことなく、短期間で翻訳。日本発のユニークな試みは世界各地にも輪が広がっているという。

 邦訳された本は、建築家ザレスキ・ザメンホフ氏が語る「ザメンホフ通り」。ポーランド人ジャーナリスト、ロマン・ドブジンスキ氏による聞き書きで、03年にエスペラント語で出版された。

 25年生まれのザメンホフ氏は、世界共通語をめざしてエスペラントをつくったザメンホフ(1859〜1917)の孫で、ゲットー経験は今回初めて公に語った。

 日本エスペラント学会参与の小林司さん(75)らが翻訳にあたった。愛好者のメーリングリストで全国から64人を募り、小林さんら3人が各人の訳を監修、約2カ月で共訳を完成させた。

 参加した愛知県豊田市の会社顧問(64)は「専門的な事柄などわからない点をメーリングリストで質問すると、詳しい人からすぐに回答があり、助け合って翻訳できた」と話す。横浜市のホームヘルパー(60)は「それぞれの訳をネットで公開してチェックし合ったので、翻訳の素人でも安心して参加できた」。

 同書でザメンホフ氏はゲットー内での生活、とりわけ絶滅強制収容所へユダヤ人を輸送する列車の発着駅「積換(つみか)え広場」の様子を詳しく語っている。同氏は42年8月、偽造の身分証明書を作って脱出に成功した。歴史家のウルリッヒ・リンス・ドイツ学術交流会東京事務所長は「最大の犠牲者である子供たちがゲットーの外から食糧や衣料を家族のためにひそかに運び込んでいたことなど、当時の雰囲気を知る上で有意義な証言」と評価する。

 ドブジンスキ氏が、世界のエスペラントの会にこの試みを紹介したところ、ポルトガル、ブラジル、リトアニアでも共訳が始まっているという。

    ◇

 〈ワルシャワ・ゲットー〉ナチス・ドイツの占領政策により40年、ワルシャワの一角に造られたユダヤ人居住区。約3平方キロが壁で遮断され、50万人近くが閉じこめられた。42、43年にはここから移送された数十万人が虐殺されたとされる。評伝「コルチャック先生」、映画「戦場のピアニスト」でも描かれている。

(05/23)


 関連情報  



 出版ニュース  





| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission