BOOK asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
BOOK 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  読書面から  私の好奇心  ニュースの本棚  作家に聞こう  どくしょ応援団  出版ニュース 
     
 home > book > 出版ニュース   
 
我が街「るるぶ」好評 練馬区が先行、川崎市など追随へ

るるぶの自治体シリーズ
るるぶの自治体シリーズ

 JTBの人気ガイドブック「るるぶ」の「我が街」版が、相次いで出版される。昨秋発売された「るるぶ練馬区」が予想を上回る約6万部のヒット。6日に中央区、8日に川崎市、11月には大田区版も出版される。

 発端は、練馬区商工観光課の若手職員の思いつきだった。区のPR誌は硬い内容になりがちで、配る場所も公共施設などに限られる。「いっそ出版社に頼んで書店で売っては」と考えた。

 企画を持ち込まれたJTBパブリッシングの担当者は「これほどの狭域版は初めて。正直、不安でした」と振り返る。同社は都道府県や観光エリアごとに約200種類のるるぶを発行しているが、観光イメージが薄い練馬区を取り上げるのには反対もあった。だが、情報収集や広告主の紹介など、区が協力を約束したため、「住民向け情報誌という新たな市場が開拓できる」と踏み切った。

 特定の店舗などをえこひいきできない自治体に代わり、「見る・食べる・遊ぶ」の情報をふんだんに盛り込んだ。夜景がきれいな区役所展望レストランなどの隠れた名所や、漫画家の松本零士さんなど意外な住民も取り上げた。住民向けに公共施設の案内や交通ガイドにもページを割いた。

 区内を中心に書店やコンビニで販売を始め、1カ月で目標の4万部を突破した。上京する学生の親や転出した出身者からの注文も舞い込み、1年で6万部を売り上げた。

 これを知り、他自治体も色めき立った。

 練馬区とほぼ同じ人口を抱える大田区は、区長の号令の下、高級住宅地の田園調布と町工場が混在する町並みや、蒲田のギョーザ、航空宇宙部品など世界ブランドをアピールする内容にした。

 既存のガイドブックでは「横浜のおまけ」的な扱いだった川崎市も「工業、灰色のイメージ脱却の起爆剤に」と手をあげた。7月に完成した音楽ホール「ミューザ川崎」を前面に出し、「芸術と緑の街」を売り込む。

 すでに「るるぶ銀座」がある中央区も「銀座や日本橋は有名でも、それが中央区とは全国に知られていない。月島や晴海を含めた区を丸ごと紹介したい」。区観光協会が600万円を出し、早期発売を後押しした。

 JTB側によると、首都圏のほか全国の主要都市から問い合わせがあり、出版の準備が進んでいるという。小松田淳編集長は「どの街にも知られざる良さがある。話があれば前向きに検討したい」と話している。

(10/06)


 関連情報  



 出版ニュース  





| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission