BOOK asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
BOOK 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  読書面から  私の好奇心  ニュースの本棚  作家に聞こう  どくしょ応援団  出版ニュース 
     
 home > book > 出版ニュース   
 
広がる中高生向け新書 理論社・筑摩が創刊、岩波も増強

理論社「よりみちパン!セ」シリーズ(右3冊)と「岩波ジュニア新書」カラー版(左端)
理論社「よりみちパン!セ」シリーズ(右3冊)と「岩波ジュニア新書」カラー版(左端)

 中学・高校生向けの新書市場が、新たなにぎわいを見せている。理論社が新シリーズを立ち上げ、これまで唯一「ジュニア新書」を発行してきた岩波書店も毎月の刊行点数を増やし、カラー写真をふんだんに使った本づくりを始めた。入門書として大人の読者も引きつけている。

 理論社の新シリーズ名は「よりみちパン!セ」。「生きていくためのリアルな知恵」をテーマに、中学生以上が対象。

 先月発売の第1弾は作家重松清が10代の悩みに答える『みんなのなやみ』。今年度中に、みうらじゅん『新しい保健体育』や玄田有史『14歳からの仕事道』など10点を刊行する計画。

 下向実社長は「若者向けの市場の広がりを感じている。今の子供が何を考え、どういう行動パターンを取るのか、親にも読んでほしい」と意気込む。

 迎え撃つ形の「岩波ジュニア新書」は今年創刊25年。今年4月までに、計468点、1767万冊を刊行した。2年前から、毎月2点刊行だったのを3点に増やし、「カラー版」も出しはじめた。

 森光実編集長は「中学、高校で教材以外の『読み物』も読んでほしいとジュニア新書を配る例も多いようです。ここ数年は、入門書として買う大人も増えています」と話す。

 来年1月、筑摩書房も中高生向け「ちくまプリマー新書」を創刊する。苦境が続く出版業界では、専門書より廉価で読みやすい新書が主戦場となっており、それがジュニア版へと広がり始めたようだ。

(11/10)





 出版ニュース  





| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission