BOOK asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
BOOK 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  読書面から  私の好奇心  ニュースの本棚  作家に聞こう  どくしょ応援団  出版ニュース 
     
 home > book > 出版ニュース   
 
休刊の「軍縮問題資料」継承めざし、明大が新季刊誌

 休刊が決まった月刊誌「軍縮問題資料」の継承・発展をめざして、明治大学が05年4月に軍縮平和研究所を設立し、季刊誌を出すことが明らかになった。誌名は現在検討中。200ページ前後で、1万〜1万5000部を5月に都内の出版社から発行する予定だ。「軍縮問題資料」の発行元である宇都宮軍縮研究室を運営してきたミノファーゲン製薬(宇都宮恭三社長)が、同大に対して10年間3000万円ずつ寄付して支援を続ける。宇都宮社長は「財政的な重荷になっていたが、ちゃんとしたところで出していただくことになり、ありがたい」と話す。

 また、明治大学は大学生・大学院生を対象に「宇都宮徳馬賞」を創設し、懸賞論文を募る。納谷広美・総長兼学長は「『軍縮問題資料』を創刊された故宇都宮徳馬先生の遺志を継ぎ、世界的規模で軍縮・平和に関する研究を発展させたい」と話している。 (12/01)


 関連情報  



 出版ニュース  





| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission