BOOK asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
BOOK 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  読書面から  私の好奇心  ニュースの本棚  作家に聞こう  どくしょ応援団  出版ニュース 
     
 home > book > 出版ニュース   
 
15歳作家デビューへ 岩手の河崎さんに小学館が新人賞

「友だちには消毒薬のような小説と言われました。失恋の傷にしみるけど、治すそうです」と話す河崎愛美さん
「友だちには消毒薬のような小説と言われました。失恋の傷にしみるけど、治すそうです」と話す河崎愛美さん

 19歳の芥川賞作家など若い世代の書き手が活躍するなか、15歳の少女が大手出版社の新人賞を受け、デビューすることになった。若い才能を発掘してきたことで知られる「文芸賞」(河出書房新社主催)でもこれまでは「1980アイコ十六歳」の堀田あけみさんら17歳が下限。文学・小説賞を取ってデビューした作家では異例の若さになった。

 第6回「小学館文庫小説賞」(小学館主催、賞金100万円)に、571編の応募作から選ばれたのは岩手県の河崎愛美(まなみ)さんが書いた恋愛小説「あなたへ」。今春、小学館から単行本として発売される。

 受賞作は400字詰め原稿用紙に換算して約300枚。愛する「あなた」へ少女が書く手紙の形式で、出会いから突然の別れまでの心の動きを描いた。

 同賞は作家の選考委員は置かず、小学館の文庫文芸編集部員が選ぶ。予備選考を担当した文芸評論家は「驚くほど落ち着いたストイックな文章で、恋愛感情の透明な美しさとかなしさを表現しようとしている」と話す。

 河崎さんは理科系の高専1年に在学中。中学生になってから村山由佳さんらの小説を集中的に読むようになり、これまでに地元紙の小説コンクールで新人賞を受けたこともある。「誰かに気持ちを伝えたいと思ったとき、小説という形式がぴったりでした。心の深いところに届く小説を、直球勝負で書いていきたい。でも、自分の人生を犠牲にしてまで書くものではないので、次の小説はまた書きたいものが出てきたら取りかかります」と話す。

 出版界に詳しい編集者で評論家の藤本由香里さんは「感性を重視した作品や、軽く読めるものが大ヒットする時代には、若い作家の活躍が続く」と分析している。 (01/30)


 関連情報  



 出版ニュース  





| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission