現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. ビジネス
  4. CSR最新情報

CSR最新情報 「企業の社会的責任」の最新情報を配信する、情報発信サイトです。

末吉竹二郎のCSR入門 第4回 消費者が支えるCSR

 前回までをお読み頂いたみなさんは、CSRが企業だけ、あるいは企業と行政だけにまかせておける問題ではないことにお気づきでしょう。私たち消費者も、企業や行政の行動に目を光らせ、CSRをきちんと要求していく一方で、応分のコストを負担する責任と義務を負うべきときが来ているのです。

 例えば、ある製品のメーカーが環境に配慮しているかどうかをチェックし、たとえ割高でも、配慮しているメーカーのものを選ぶ。そうした具体的な消費行動が、企業の環境対策やCSRを強く後押しすることは言うまでもありません。逆に、今は不景気で生活が苦しいから、環境に悪いことは分かっていても、安いほうに飛びつくというのでは、CSRを理解していない企業と同じことです。

 また、「SRI(Socially responsible Investment  最近はSustainable & Responsible Investmentともいう)」、すなわち社会的責任を考えた投資がさかんに行なわれるようになっています。資金を運用するにあたり、投資先の企業を、CSRに力を入れているかどうかという基準を加えて選定するのです。こうしたSRIは、アメリカで250兆円、EUで300兆円とも言われ、世界の大きな流れとなっています。ところが、わが国のSRIはわずかに1兆円程度。経済の規模から考えて、これはあまりにも小さい。本当なら、こうした消費行動や投資行動を通じてCSRに真面目に取り組む企業に資金が集まり、その業績があがり、CSRがさらに充実するという好循環を作っていかなければならないのです。その意味では、やはり、日本人全体が、この問題に対して意識を高める必要があるようです。

 それに加えて、消費者が企業や行政と対等に渡り合うためには1人1人の小さな声を大きな声にまとめ上げるNPO、NGOを育てる必要もあると思います。この部分でも、わが国は他の先進諸国に後れを取っているのではないでしょうか。

末吉竹二郎
国連環境計画 金融イニシアチブ特別顧問
東京大学経済学部卒業後、三菱銀行入行。三菱銀行ニューヨーク支店長・取締役、東京三菱銀行信託会社(N Y)頭取、日興アセットマネジメント副社長を経て、国連環境計画金融イニシアチブ特別顧問に就任。著書に『最新CSR事情』(泰文堂)、『有害連鎖』(幻冬舎)、『カーボンリスク』(北星堂書店)など。TBS「みのもんたの朝ズバッ!」月曜レギュラーコメンテーターとしても活躍中。

CSR活動の現場から

Strategic Philanthropy Forum 2009
〜 Cash&SalesとCare&Solidarity 両立の時代へ 〜

企業と社会がともに進化できるCSR活動を
日本アイ・ビー・エム株式会社

知っておきたいCSRの今〜社会的な信頼度をあげるために〜

第6回 「サステナビリティ」とCSR(2)

写真:薗田綾子

薗田綾子
株式会社クレアン 代表取締役

 前回のコラムで「サステナビリティ」について説明したが、ここでポイントになるのは「地球の限界」という捉え方である。このままの経済社会の延長線上では、地球上の人口増加のスピードに食料や水、エネルギーの需要は追いつかず、近い将来には地球の生態系(生命維持システム)がオーバーシュートし崩壊してしまうと言われている。...

続きはこちらから