現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. ロイターニュース
  5. 記事

ローソンの3―5月期は8.2%営業減益

2010年7月5日16時15分

 [東京 5日 ロイター] ローソン<2651.T>は5日、2010年3―5月の連結営業利益が前年同期比8.2%減の112億円になったと発表した。

 個人消費低迷に加え、天候不順が続いたことが響いた。通期予想に対する進ちょく率は22.1%。前年同期の通期実績に対する割合は24.2%だった。

 売上高に相当する連結営業総収入は前年同期比3.1%減の1065億円だった。既存店売上高は同4.9%減。前年同期に比べて、客数は2.0%減、客単価も2.9%減となった。

 2011年2月期の連結営業総収入は前年比6.9%減の4350億円、営業利益は同0.4%増の505億円、当期利益は同89.5%増の238億円で据え置き、営業最高益の更新を狙う。営業利益予想は、トムソン・ロイター・エスティメーツによる主要アナリスト13人の予測平均値512億円と同水準になっている。また、前期にはローソンエンターメディア(LEM)関連の特別損失を計上していたため、今期の当期利益は大幅増益となる見通し。

 既存店売上高1.5%減という目標も変えていない。一方、粗利益率は前期の30.4%から30.9%への引き上げを目指している。

 (ロイター日本語ニュース 清水 律子記者)

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介