現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. ロイターニュース
  5. 記事

英豪リオ・ティント、ウラルカリ株取得に関心ない=幹部

2010年9月28日15時35分

 [大連 28日 ロイター] 英豪系資源大手リオ・ティントは、肥料原料となる炭酸カリウム生産大手であるロシアのウラルカリの株式取得には関心がないとし、株式取得に向けてロシアに代表団を派遣したとの報道を否定した。

 ロシアの経済紙ベドモスチは8日、関係筋3人の発言として、リオの代表団がロシア入りしたと報じた。このうち1人は、リオが10─15%のウラルカリ株を取得する用意があると述べたと同紙は伝えている。

 世界最大の肥料メーカーであるカナダのポタッシュ・コーポレーションは、BHPビリトンによる390億ドル相当の敵対的買収を拒否した。

 リオの鉄鉱石部門マネジングディレクター、ワーウィック・スミス氏は、当地でロイターに「現時点でロシアに関心はない」と語った。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介