現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. 新華社経済ニュース
  5. 記事
2011年9月12日15時31分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

国務院が認可 通関港・大連長興島の対外開放

【新華社大連9月11日】 大連市政府は10日記者会見を開き、国務院が先ごろ、通関港である大連長興島港の対外開放を認可したと発表した。

 それによると、今回認可された長興島港の開放バースは計68で、公共港区とSTX港区に完成済みの13バースと第12次5カ年計画(2011〜15年)中に建設予定の55バースが含まれる。同時に税関、出入国検査検疫局、海事局、出入国審査所などの業務機関の設置も認可された。

 大連長興島臨海工業区管理委員会の李長順副主任は、通関港・長興島港の対外開放は長興島の開発が新たな段階に入ったことを示すもので、長興島地区のイメージ向上、国際・国内生産要素の集積促進、遼寧の沿海経済帯発展戦略の実施、大連の新たな経済成長極の構築、遼寧ひいては東北旧工業地帯の全面振興の実現に重要な意義があると語った。

 大連長興島臨海工業区は遼東半島西側中部、渤海東岸に位置し、長興島、西中島、鳳鳴島、交流島、駱駝島の五つの島で構成され、計画総面積502平方?。2005年11月に開発が正式にスタートした。

 この5年余り、内資・外資プロジェクトが急速に進出し、石油化学、造船・海洋エンジニアリング、装置製造、港湾物流の4大主導産業で、計155のプロジェクトの契約が締結され、総投資額は3500億元(1元=約12円)余りに上っている。市街区、産業区、港湾区の3区が連動した空間配置が初歩的に形成され、従来の漁村から近代的都市へ転換する最初の跳躍を踏み出した。

 2009年7月、大連長興島臨海工業区は遼寧沿海経済帯に付随して国家戦略に格上げされた。2010年4月、国務院は国家級経済技術開発区への格上げを承認した。同年6月、遼寧省共産党委員会、省政府は長興島に遼寧省の総合改革試験区を設置することを決定した。

新華通信社
新華通信社

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介