現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. 新華社経済ニュース
  5. 記事
2011年11月17日15時31分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

世界銀行 「今後5年間の中国向けの融資規模を変えない」

【新華08網北京11月16日=候雪静 李延霞】 国際復興開発銀行(世界銀行)のケイト副総裁は16日に「世銀は今後5年間で中国向けの融資規模を年間15億ドルに維持する」と述べた。

 ケイト副総裁は北京に開かれた記者会見で、「今後5年間で、中国向けの融資は交通や環境保全、自然資源管理、農村貧困援助、再生可能なエネルギー、エネルギー効率向上などに重点を置く。中国でのノウハウをほかの国まで広げたい」と述べた。

 中国がいま、発展させようとする文化産業に対し、同副総裁は「世銀は以前から中国の文化遺産保全に注目し、1993年からいままで、すでに2.6億ドルの資金を融資した。例えば、麗江古城や甘粛シルクロード沿線遺跡、貴州少数民族遺産、孔子・孟子遺産地などの遺産保全だ」と述べた。

 同副総裁によると、文化遺産保全により、地域経済成長を促進することができる。世銀は政策提案や融資の両面から文化産業をサポートする。文化産業は国民経済中の大変重要な構成部分で、中国の文化産業は将来、急成長するという。

 2011年6月30日現在、世銀の中国向けの融資約束は491.5億ドル、融資先のプロジェクトは337件、実行中は73件。

(編集翻訳 李継東)

新華通信社
新華通信社

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介