現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. 新華社経済ニュース
  5. 記事
2012年3月9日17時31分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

定期預金金利が2年ぶりにプラスへ回復

【新華社 北京 3月9日】 国家統計局9日に発表した最新データによると、今年2月の中国CPI成長率は3.2%で、現在中国の期間1年の定期預金金利は3.5%、2月のCPI成長率を上回り2年ぶりにプラスへ回復した。

 過去2年間で中央銀行は6回連続して預金準備率を上方修正した。しかし、物価上昇幅がこれを上回ったため、定期預金金利はマイナスだった。

 交通銀行の報告によると、CPI成長率は再度上昇する恐れがあるものの、物価の下落傾向は濃厚で、定期預金金利がマイナスへ転換する可能性は極めて少ないと見ている。

(翻訳:宋致利)

新華通信社
新華通信社

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介