現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. 新華社経済ニュース
  5. 記事
2012年3月9日17時31分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

S&P:中国資本の不動産企業を格下げする可能性も

【新華社 3月9日】 S&Pの8日付レポートによると、中国不動産市場は日々深刻化し、数多くの不動産企業は経営困難な局面に陥る。今後半年以内には中国資本の不動産企業を格下げする可能性もある。中国政府はこれに対し不動産政策を緩和するとの見方を示した。

 不動産市場の弱気、融資コストの高騰、流動性供給不足などを受け、中国資本の不動産企業の融資難は激化。2011年6月〜2012年6月には不動産価格は10%下落すると予測した。さらに世界経済が減速する中、アジア地域諸国の不動産市場は萎縮する可能性があると見通しを示した。

(翻訳:宋致利)

新華通信社
新華通信社

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介