現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. 新華社経済ニュース
  5. 記事
2012年7月31日15時31分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

韓国、日本水産物35品目の輸入を禁止 放射能汚染懸念で

【新華社北京6月27日】 海外メディアの報道によると、韓国政府は27日、放射物に汚染された可能性があるとして、日本の水産物35品目の輸入を暫定的に禁止することに決めた。禁輸対象にはヒラメやアサリ、ウニが含まれる。

韓国農林水産食品部の内部関係者は、35品目の輸入禁止が一種の予防措置だと説明する。同部によると、昨年3月に福島の原子力発電所で事故が発生して以降、韓国政府はまだ日本からこれら35品目の水産物を輸入していない。

原発事故後、日本政府は福島地域で獲れる水産物35品目の販売を禁止することに決定。韓国はこれに合わせ、35品目の輸入禁止を発表した。

韓国聨合ニュースによると、韓国側はこれまでに日本の水産物64品目を輸入禁止リストに入れた。

(翻訳 崔蓮花/編集翻訳 恩田有紀)

新華通信社
Copyright(C) 2012 XINHUA.JP All Rights Reserved.
著作権は新華通信社に帰属します。無断転載を禁じます。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介