写真・図版 11月8日、英たばこ大手のブリティッシュ・アメリカン・タバコが日本で「加熱式たばこ」の販売に名乗りを上げ、愛煙家の獲得をめぐる各社の競争がヒートアップしてきそうだ。写真は同社の新型たばこ「glo(グロー)」。(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[PR]

 [東京 8日 ロイター] - 英たばこ大手のブリティッシュ・アメリカン・タバコ<BATS.L>が日本で「加熱式たばこ」の販売に名乗りを上げ、愛煙家の獲得をめぐる各社の競争がヒートアップしてきそうだ。先行しているフィリップ・モリス・インターナショナル<PM.N>とJT <2914.T>は、想定以上の需要に対応し切れず、品薄状態が続いている。各社ともに生産能力増強を進めており、一段の普及には、各社の安定供給体制の構築が鍵になる。

 BATジャパンは8日、新型たばこ「glo(グロー)」を12月12日に宮城県仙台市で発売を開始すると発表した。「グロー」は、特別に加工されたたばこ葉をスティックに凝縮。これを電子で加熱し、発生する霧状のベイパー(蒸気)を楽しむ商品。

 BATジャパンのロベルタ・パラツェッティ社長は会見で「この分野は急成長すると見込んでいる。日本では、2020年までに市場が7―8倍になる」との見通しを示した。

 同じたばこベイパー領域で「プルームテック」を発売しているJTも「競争状況になることは、今後、この市場がより大きくなるために重要なこと」(宮崎秀樹副社長)と述べ、競合他社の参入を歓迎している。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、厚生労働省が「受動喫煙防止策」案を打ち出すなど「煙」に対する議論が高まっている。大手3社が揃って「煙が出ないたばこ」に参入することで、市場の拡大に一気に弾みが付く可能性がある。

 <供給体制整備、普及に向け本腰>

 市場をけん引してきたPMIの「アイコス」は、デバイスの販売台数が累計200万台を突破。「ヒートスティック」の販売ベースのシェア(9月18日の週)は、全国で5.2%、東京で7.0%となっている。 

 順調に販売は伸びているものの、需要に供給が追い付かず、品薄状態が続いている。広報担当者は「アイコスキットは精密機器で、世界中の様々な国々から供給される多数のパーツから組み立てられており、一気に増産するのは難しい」と説明。ただ、PMIでは、アイコスを中心とした「健康リスクを低減する可能性のある製品」に対して、今年は12億ドル、来年は15億ドルの設備投資を予定しており「来年3月までには完全な安定供給を目指す」としている。

 JTの「プルームテック」は現在、福岡市の各販売店に対し、1週間に6個を上限にデバイスの販売制限を行っているほか、オンラインショップは受注を停止している。宮崎副社長は「製造能力の増強を最優先課題として取り組んでいる」としており、供給能力は、発売当初から4倍への増強をすでに完了、17年の早い時期を目途に10倍以上の増強を行う考えだ。

 生産増強に伴い、17年の早い時期を目途に都市圏から段階的に販売エリアを拡大していく構想を描く。足元では「アイコス」に後れを取っているものの、たばこベイパーについては「3年後、5年後にはもっと市場が大きくなる」との見通しを持っており「3―5年で日本のたばこベイパー領域で首位を目指す」としている。

 後発となったBATだが「(先行した会社の)教訓から学んでいる。十分な供給量を提供したい」(パラツェッティ社長)と話しており、供給体制に自信を示す。各社は生産・供給体制の整備を急ぎ、本腰を入れて拡販の準備を進めている。2017年には本格的な拡大競争の火ぶたが切って落とされそうだ。

 「たばこベイパー」は、日本が主戦場となっている。これは、ニコチンを含む希釈液の入ったリキッド・カートリッジが薬事法により規制されており、日本においては、いわゆる「電子たばこ」は承認が必要となるためだ。「たばこベイパー」とは、火を使わず、たばこ葉を電子機器で加熱する新型のたばこ。燃焼させないことから煙や灰が出ず、臭いも少ない。また、タールが発生しないことから、健康リスクが低減されている可能性がある。 

 

 

 (清水律子 浦中大我 編集:北松克朗)