写真・図版 10月10日、スペイン・カタルーニャ自治州のプチデモン首相は、州の独立を宣言する一方、中央政府との協議を可能にするため、効力は一時停止すると発表した。バルセロナ市内のようす(2017年 ロイター/Susana Vera)

[PR]

 [バルセロナ 10日 ロイター] - スペイン・カタルーニャ自治州のプチデモン首相は10日、州の独立を宣言する一方、中央政府との協議を可能にするため、効力は一時停止すると発表した。

 首相は州議会に対し「共和国としてのカタルーニャ独立の責務を負う」とした上で「問題の解決合意に向けた話し合いを行うため、宣言の効力の一時停止を提案する」と述べた。

 

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)