写真・図版 10月30日、任天堂は、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の2018年3月期の販売計画を1400万台に上方修正した。写真は都内で1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[PR]

 [大阪 30日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は30日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の2018年3月期の販売計画を1400万台に上方修正した。従来は1000万台だった。4─9月期は489万台を販売。3月3日の発売からは累計763万台を販売しており、現在も品薄状態が続いている。

 4─9月期のスイッチのソフト販売は2202万本だった。7月に発売した『スプラトゥーン2』が好調だったほか、『マリオカート8 デラックス』も引き続き堅調に推移した。これに伴い、年間計画を3500万本から5000万本に上方修正した。

 

 (志田義寧)