[PR]

 [フランクフルト 10日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は10日、金融政策運営に影響が出ない限り、英国の欧州連合(EU)離脱に伴いECBが清算機関の監督を開始することに異存はないとの考えを示した。

 同専務理事は「中央清算機関(CCP)の規制枠組みにおける役割を中央銀行に与えるとの当局者の意向を歓迎する」と述べた。ただ中銀の金融政策運営を巡る独立性などに影響が出ることがあってはならないとの考えも示した。 

 

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)