写真・図版 12月4日、米ファストフード大手マクドナルドは、価格が1ドル、2ドル、3ドルの値ごろ感のある新セットメニューを、来年1月4日から米国で展開すると発表した。写真は同社のロゴ。カリフォルニア州で10月撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

[PR]

 [4日 ロイター] - 米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>は4日、価格が1ドル、2ドル、3ドルの値ごろ感のある新セットメニューを、来年1月4日から米国で展開すると発表した。

 マクドナルドが2013年まで販売していた「1ドルメニュー」は消費者の人気は高かったが、利ざやが薄いとフランチャイズ事業者からは不評だった。

 マクドナルドによる低価格帯メニューの一新で、タコベルやダンキンドーナツなどライバルとの価格競争が激化しそうだ。

 新メニューは、好みのサイズのソフトドリンクとチーズバーガーの組み合わせが1ドル、マックカフェ(スモール)とベーコン・マックダブルの組み合わせが2ドル、ハッピー・ミールとトリプル・チーズバーガーの組み合わせが3ドル。