写真・図版 8月13日、ドイツのエネルギー会社イノジーは、英国の洋上風力事業会社トライトンノール(26億ドル規模)の41%株式を日本の電源開発(Jパワー)と関西電力に売却すると発表した。写真はイノジーのロゴ。ドイツのエッセンで3月撮影(2018年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[PR]

 [フランクフルト 13日 ロイター] - ドイツのエネルギー会社イノジー<IGY.DE>は13日、英国の洋上風力事業会社トライトンノール(26億ドル規模)の41%株式を日本の電源開発(Jパワー) <9513.T>と関西電力 <9503.T>に売却すると発表した。

 Jパワーが25%、関西電力が16%株式を取得する。イノジーは残りの59%を保有し、今後も大株主の地位を維持する。

 イノジーの取締役であるHans Buenting氏は「世界中で洋上風力発電ポートフォリオの拡充を続ける上で、評価が高く、かつ戦略的なパートナーシップの締結はわれわれの戦略の主要な目的だ。今回の合意により、われわれが手掛けるプロジェクトの魅力が明確になった」と述べた。

 イノジーによると、Jパワーは設立した投資会社「JP Renewable Europe Company」を通じて日本政策投資銀行から一部資金を調達する予定。